新北斗きのこピンボール

事業情報

海外発電事業

J-POWERは、国(guo)内(nei)事(shi)(shi)業(ye)と海外コンサルティング事(shi)(shi)業(ye)で培われた経験・信(xin)用・ネットワークを活かして、積極(ji)的に海外発(fa)電事(shi)(shi)業(ye)の発(fa)掘・開発(fa)に取(qu)り組(zu)んできました。2023年4月末現(xian)在で37件の運転中のプロジェクト(持分出力 約806万kW)に参画するほか、7地点で新規プロジェクトを建設・計画中です。

今後も、アジアや米国で着実(shi)に事業を展開(kai)しながら、火力電源(yuan)に加(jia)えて風力・太(tai)陽光など再(zai)生可能エネルギーの新規開(kai)発も目指(zhi)していきます。

タイでの展開

ウタイガス火力発電所

J-POWERは、コンサルティング事業(ye)の実績をもとに、タイでの発(fa)(fa)電(dian)事業(ye)に参画しています。主要電(dian)源(yuan)となる大型のガス火力発(fa)(fa)電(dian)所(suo)に加え、もみ殻・ゴム木廃材を燃(ran)料とするバイオマス発(fa)(fa)電(dian)所(suo)、ガスコジェネレーション発(fa)(fa)電(dian)所(suo)、およびルーフトップソーラーも保有しています。

14件のプロジェクトを手掛けており、タイにおける主(zhu)要な発電事(shi)業者として電力安定供給に貢献しています。

米国での展開

ジャクソンガス火力発電所

米国(guo)(guo)においては2006年(nian)の本格参入以来、既設発(fa)電所(suo)の権益買収から自社での新規開(kai)発(fa)案件まで事業の拡大を図り、電力自由化の進んだ米国(guo)(guo)市場で様々な知見を蓄(xu)積してまいりました。2022年(nian)5月には、当社が単独で開(kai)発(fa)・建設したジャクソン火力発(fa)電所(suo)(ガス火力、出力120万kW)が営業運転を開(kai)始した結果(guo)、J-POWERが手掛けるプロジェクトは11件に達(da)します。

今後は、操業(ye)中の発電(dian)所等(deng)の権(quan)益を売却して投(tou)資回(hui)収を早めるとともに、得られた資金を再生可能エネルギー開発など次のプロジェクトに充当することで事業(ye)ポートフォリオの更(geng)なる最(zui)適化を進めてまいります。

インドネシアの電力安定供給に貢献

バタン発電所

2022年(nian)8月、J-POWERは、事業(ye)会社(she)であるPT ビマセナ パワー インドネシア(BPI社(she))を通じて建設してきたバタン発電(dian)所(100万kW×2基(ji))の営業(ye)運転を開始しました。発電(dian)燃料にインドネシア国産の亜瀝(li)青炭を活用するとともに、環境負(fu)荷が少ない超々臨界(jie)圧技術を使(shi)った大型ボイラーを採(cai)用することで、同(tong)国の電(dian)力(li)安(an)定(ding)供給と環境負(fu)荷低減(jian)への貢献を目(mu)指します。

Adiwiyata School Award 受賞の様子

またBPI社は、医療支援(yuan)やインフラ整備のほか、環境教育(yu)や起業(ye)支援(yuan)・職業(ye)訓練など、地域社会が自立して発展を続けられる基盤づくりを目(mu)指しCSR活動を展開しており、優れた活動を行う企業(ye)として、インドネシア国内外(wai)で数多く受賞しています。

英国における大型洋上風力発電への参画

洋上変電所と風車据付準備中のSEP船

J-POWERは、2022年4月に英国の北海洋上においてトライトン・ノール洋上風力発電所の営業運転を開始しました(出力85.7万kW、RWE AGおよび関西電力株式会社との共同事業)。同発電所は、1基の出力が9,500kWの風車を90基設置した大規模な洋上風力発電プロジェクトです。



運転中の風車発電機群

J-POWERは、J-POWER“BLUE MISSION 2050”に掲げるカーボンニュートラルの実現に向(xiang)け、トライトン・ノールで培った洋上風力事(shi)業の知(zhi)見を活用して、今後も国(guo)内外における再生可能エネルギー事(shi)業の更なる拡大に取り組んでいきます。

Page Top
CLOSE