新北斗きのこピンボール

事業情報

火力発電事業

火力発電事業について

世(shi)界中に広(guang)く豊富に存在する石炭は日本と世(shi)界で今後も長期(qi)的な電力(li)需(xu)要を支える役割(ge)を果たします。エネルギー資源(yuan)のほとんどを海外輸入に頼る日本にとっては、エネルギーセキュリティや電力(li)安定(ding)供給、また経済性の観(guan)点(dian)からも、バランスの取れたエネルギー構(gou)成(cheng)を実現する重要な資源(yuan)です。

こうした役割(ge)を果たす石(shi)炭(tan)を今後も利用するためには高(gao)効率化(hua)・次世代化(hua)を推(tui)進し、CO2を大(da)幅(fu)に削減することが不可欠です。J-POWERは「化(hua)石(shi)電源のゼロエミッション化(hua)」に向けた技術開発をリードすることで、グローバルなCO2削減に貢献していきます。

石炭利用のゼロエミッション化への挑戦はこちら

石炭利用技術

環境性能と高い発電効率

竹原火力発電所 新1号機・3号機全景

J-POWERは半世紀以上にわたり石炭火力の安定運転を通じて日本のエネルギー供給を支えながら、技術開発で環境負荷低減に努めてきました。
2009年に設備を一括更新した神奈川県の磯子火力発電所では主要先進国の火力発電所と比較して大気汚染物質を一桁低いレベルにまで抑えています。発電効率でも磯子火力発電所は世界トップクラスの効率で運転を維持しています。
2020年6月に運転を開始した竹原火力発電所新1号機(広島県)では、最新設備の導入により世界最高水準の発電効率約48%※を達成しています。高い発電効率で燃料使用量を抑え、発電電力量あたりのCO2排出量を約2割削減しています。
※発電端効率(LHV:低位発熱量(liang)基準)

発電効率推移

バイオマス燃料の有効利用

J-POWERは、石炭火(huo)力(li)発電(dian)所でバイオマス燃料(liao)を混焼することで、CO2排出量の削減を図っています。竹原火(huo)力(li)新1号(hao)機では、バイオマス燃料(liao)の混焼率10%を目指しています。福岡(gang)県では九州(zhou)最(zui)大級の下(xia)水汚泥固(gu)形燃料(liao)化施設(she)を運営しています。

バイオマス燃料の例

石炭利用のゼロエミッション化への挑戦はこちら

Page Top
CLOSE