新北斗きのこピンボール

事業情報

地熱発電事業Geothermal Power Generation Business

40年以上の運転実(shi)績と新規地点の開発を進める地熱発電事業(ye)

scroll

国内23年ぶりとなる大型地熱発電所

運転を開始した山葵沢地熱発電所

地熱エネルギーは、天候に左右されず年間(jian)を通して安定的な発電が期待できる、純国産の再生可(ke)能エネルギーです。

J-POWERは、三菱(ling)マテリアル(株)・三菱(ling)ガス化学(株)とともに湯沢地(di)熱(re)(株)を設(she)立し、2019年5月に山(shan)葵沢地(di)熱(re)発(fa)電所(suo)(秋田県)の運転を開始しました。46,199kWの発(fa)電出力を持ち、出力10,000kWを超える大規模地(di)熱(re)発(fa)電所(suo)として、国内では23年ぶりの稼(jia)働となりました。

鬼首地熱発電所のリプレース

更新工事を終えた鬼首地熱発電所

鬼首地熱発電所は宮城県(xian)大崎市で1975年以(yi)(yi)降40年以(yi)(yi)上にわたり運転を続けてきました。地熱エネルギーを今後(hou)も継続的に有効(xiao)活(huo)用するべく、この長期(qi)にわたる運転実績と知見を活(huo)かして、最新(xin)設(she)備への更新(xin)工(gong)事(shi)を行(xing)い、2023年4月より運転を再開しました。(発電出力14,900kW)

新規地点の開発・推進

J-POWERは、岩手県八幡平市の安比地(di)域で進められている地(di)熱(re)発電所開発プロジェクトに三(san)菱マテリアル(株(zhu))、三(san)菱ガス化学(株(zhu))と共(gong)同で参画(hua)しています。

また、宮(gong)城県大崎市高日向山地域では新たな地熱発電の開発を目指し、地熱資源量の調査(cha)を行っています。

地熱発電事業地図

地熱発電事業地図

Page Top
CLOSE