新北斗きのこピンボール

企業情報

J-POWERグループのDX戦略

TOPメッセージ

代表取締役社長 社長執行役員

J-POWERグループを取り巻く事業環境は、気候変動対応やCO2フリーのエネルギーを求めるニーズの高まりの中で大きな変化に直面しています。このような中、J-POWER BLUE MISSION 2050を実行していくことで、日本と世界のカーボンニュートラルの実現に貢献するとともに、エネルギーを安価にかつ不断に供給し続けることは、当社グループの重要な使命であると考えています。
これらを実現していくためには、DXを積極的に進め、会社の変革(ge)、即ちコーポレートトランスフォーメーション(CX)を遂げていくことが、新たな事業価(jia)値の創出(chu)のためにも欠かせません。

そこで、J-POWERグループでは、DXの指針(zhen)となる「DXロードマップ2030」を策定し、その中で目指すべきゴールとして「“DX 3S+D” ~Safety(安全・安心)・Smartness(効率(lv)性・即応性)・Strength(稼ぐ力(li))+Data(データドリブン)~」の実現を掲げ、具(ju)体(ti)的な施策は2年ローリングプランの「DX推進中期計画(hua)」に沿って、日(ri)々の取り組みを進めています。

DXロードマップ2030では、2025年(nian)度までをDX推(tui)進(jin)のための重点基盤整(zheng)備(bei)期間と位(wei)置づけ、「データ利活用(yong)基盤整(zheng)備(bei)」、「業務(wu)の質的改善・労(lao)働生産性の向上」、「DXの基盤となる環境整(zheng)備(bei)」の3つを主要(yao)テーマに定(ding)めて、経(jing)営財務(wu)基盤や設備(bei)運転保(bao)守を始めとした様々な事業領域で施策を推(tui)進(jin)中であり、着実に成果を上げてきています。

J-POWERグループの経営ビジョンやDXへ向けた取組みは「J-POWERグループ統合報告書2023」でステークホルダーの皆様(yang)へ情報発信を行うとともに、課題の把握・分(fen)析を通(tong)して戦略の見直しを行っていくサイクルにより、変化に柔軟に対(dui)応しながらDXを推進していきます。

デジタルトランスフォーメーション(DX):ビジネス環境の激しい変化に対応するため、データとデ ジタル技術を活用して、自社のビジネスモデル・業務プロセスの抜本的な変革を図ることで、収益拡大・ 労働生産性の向上・新たな事業価値の創出等を実現すること。

J-POWERグループのDX戦略(特集)

Page Top
CLOSE