新北斗きのこピンボール

株主・投資家の皆様

経営方針

中期経営計画

J-POWER 中期経営計画 2021-2023年度

J-POWERは2021年(nian)2月に発表したJ-POWER “BLUE MISSION 2050”に基づくカーボンニュートラルへの挑戦の一歩(bu)として、2021~2023年(nian)度の3ヵ年(nian)の取組みを新たな中(zhong)期経営計画として策定(ding)しました。

中期経営計画の目指すところ

2050年カーボンニュートラル実現へのトランジションに挑んでいくなかで、企業価値の向上を目指していきます。
そうした2021-2023年(nian)度の取組みについて、中期経営計画(hua)として取りまとめました。

*J-POWER国内発電事業CO2排出量(2017-2019年度3ヵ年平均実績比)

中期経営計画2021-2023年度におけるアクション

カーボンニュートラルへのトランジションには、2050年という未来に向けて多様な可能性の追求が求められます。
これまでの取組みの加速化(hua)、アップサイクル、新たな領域(yu)への挑戦(zhan)により、多方面からのアプローチを実現します。

企業価値の向上

再(zai)生可能(neng)エネルギーをはじめとしたCO2フリー電源の開発加速(su)化、アップサイクルによる経済的かつスピードある既存資産(chan)の価値(zhi)再(zai)構築などに取(qu)り組みつつ、新たな領域の可能(neng)性も追求することで多方面からカーボンニュートラルへのトランジションに挑戦し、企業(ye)価値(zhi)の向上を目指(zhi)していきます。

事業基盤の強化

足許の新(xin)型コロナウイルス感染症(zheng)影響により経済情勢(shi)が不透明な中、引き続き電力安定(ding)供給の要請(qing)に応えつつ、カーボンニュートラル実現に取組んでいくために、それを支える強固な事業基盤の構築を進めていきます。

経営目標と株主還元

2023年度の財務目標として、連結経常利益900億円以上、連結自己資本比率30%以上という新たな目標を掲げました。
また、再生可能エネルギー開発目標として2025年度までに2017年度比で1,500MW以上*1という目標を掲げています。
CO2排出量削減目標として、J-POWER “BLUE MISSION 2050”で示した通り、2030年までに40%以上削減します。*2
私たちは、カーボンニュートラル実現に向けて、トランジションの取組みを支える収益・財務基盤の強化に取り組みます。
 また、再生可能(neng)エネルギーの開(kai)発を加(jia)速(su)するとともに、CO2排出量を段(duan)階的に削(xue)減していきます。

経営目標

2023年度目標
2025年度目標
2030年度目標

株主還元の基本的な考え方

短期的(de)な利益変動要因(yin)を除いて連結配当(dang)性向(xiang)30%を目安に、利益水準、業績見通(tong)し、財務状況等を踏まえた上で、安定的(de)かつ継続(xu)的(de)な還元充実に努めてまいります。

*1 公募となる国内(nei)での一般海域(yu)における洋上風力は含まない

*2 J-POWER国内発電事業CO2排出量

J-POWERグループ中期経営計画

過去の経営計画

Page Top
CLOSE