新北斗きのこピンボール

ニュースリリース

2023年

ニュースリリース

国内初 海由来のクレジットで海関連の会議をゼロ・カーボン化
~北九州港港湾脱炭素化関連会議をJブルークレジットでオフセットします~

2023年11月29日
電源開発株式会社

電源開発株式会社(以下「Jパワー」、本社:東京都中央区、代表取締役社長 社長執行役員 :菅野 等)は、北九州市と連携して「北九州港港湾脱炭素化推進協議会※1特別(bie)講演会(2023年11月29日開催)」をゼロ・カーボン会議とすることにしました。

会議開催に伴い発生するCO2(9.1t-CO2)を、Jパワーが北九州市内で実施したプロジェクトで認証を受け保有しているJブルークレジット※2を用(yong)いてオフセットすることでゼロ・カーボン会(hui)議としたものです。港湾・海(hai)洋(yang)など海(hai)に関(guan)する会(hui)議を、海(hai)から創出(chu)したJブルークレジットでオフセットするのは国内(nei)初(chu)の事(shi)例(li)となります。

Jブルーコンクリート

Jパワーでは、茅ヶ崎研究所が北九州市にある若松総合事業所の構内で、Jブルーコンクリート(産業副産物を多量に活用した低炭素素材)を用いた消波ブロックでのブルーインフラ※3整備を実施中です(写真参照)。同ブロックに付着した海藻が吸収するCO2をJブルークレジットとして継続的に認証を受けています。ブルーインフラを補修工事等で積極的に用いること、またその結果繁茂した海藻類由来のJブルークレジットを活用してCO2オフセットを行うことで、2021年2月に掲げた「J-POWER"BLUE MISSION 2050"」におけるカーボンニュートラルの実現(xian)に向(xiang)けて、今後も継続的(de)に脱(tuo)炭素(su)と地域共(gong)生との両立を実現(xian)する活動に積極的(de)に取(qu)り組んでいきます。

  1. 北九州市では、国際物流の結節点かつ産業拠点である北九州港において、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにすることを目指す「カーボンニュートラルポート(CNP)」の形成に向け、2023年3月に企業、団体、官公庁で構成する「北九州港港湾脱炭素化推進協議会」を設置し、CNP形成に向け検討を進めています。
  2. Jブルークレジットとは、経済産業省が中心となり策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」において推進が定められたブルーカーボンのオフセット制度の実現に向け、国土交通省により設立認可されたジャパンブルーエコノミー技術研究組合(JBE)から認証・発行されるクレジットです。海洋生物の作用によって海に貯留された炭素であるブルーカーボンの定量化取引が可能になります。
  3. ブルーインフラとは、藻場・干潟等及び生物共生型港湾構造物のことで、国土交通省は2022年度より「命を育むみなとのブルーインフラ拡大プロジェクト」を開始する等、ブルーインフラ拡大を目指しています。

以上

添付書類

本文(PDF:215KB)

Page Top
CLOSE